インプラントのリスク

「インプラントのリスク」の有益情報をお届け!

インプラントのリスクと失敗:インプラントのリスクについて

インプラントのリスクと失敗:インプラントのリスクについて







インプラントのリスク

インプラントのリスク

インプラントのリスク

インプラントは英語のdental-implantの訳語でデンタルインプラントとも呼ばれ、歯がなくなった、あるいは歯の機能を失った部位で、顎の骨にチタンなどをで作られた人工歯根を埋め込み、さらに歯冠をかぶせて歯の代用とするものです。インプラント手術がはじめて日本に導入されたのは1991年、日本歯科大学病院においてです。インプラント導入当時は、「夢の永久歯」などとよばれ非常に脚光をあびました。しかし、このインプラントにもリスクはゼロではありません。インプラントは画期的な治療法ですが、かといって決して万能な治療ではないことを手術前にしっかりと認識しておくことも大切です。インプラントも外科手術ですので出血などもありますし、それに伴う最低限のリスクがあることは知っておいたほうがいいでしょう。医療に100%はありません。
とはいえ、事前にトラブルに対処するだけの心構えと知識があれば、それを未然に防ぐことも可能ですし、もし仮にトラブルがおこってしまっても冷静に対処できると思います。ここではインプラントの失敗についてまとめました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。