インプラント手術の初歩的な失敗

「インプラント手術の初歩的な失敗」の有益情報をお届け!

インプラントのリスクと失敗:インプラントのリスクについて

インプラントのリスクと失敗:インプラントのリスクについて







インプラント手術の初歩的な失敗

インプラント手術の初歩的な失敗

インプラント手術の初歩的な失敗

インプラント手術の初歩的な失敗としては、入れるべきインプラントの本数が少なかったために、インプラントに対する負担が加重になってインプラントの結合が破壊されてしまうというトラブルもあります。どういうことかというと、一概にはいえませんが、歯が2本ないところにインプラントを1本しかいれなかった時や、患者さんの咬む力が強い場合にそれを考慮しないでインプラント手術を行った時にこれらのトラブルがおこることがあります。これらのトラブルは非常に初歩的なトラブルなので、インプラント前、事前のカウンセリングが丁寧に行われなかったことが原因と考えられます。インプラント手術の相談に歯科医院へ行くときには、カウンセリングがしっかりとされているかどうか自分の目で見極める必要があります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。