インプラントの失敗とは

「インプラントの失敗とは」の有益情報をお届け!

インプラントのリスクと失敗:インプラントのリスクについて

インプラントのリスクと失敗:インプラントのリスクについて







インプラントの失敗とは

インプラントの術後

インプラントの術後

インプラント植立時(顎の骨にチタンなどをで作られた人工歯根を埋め込む工程)のトラブルとしてあげられるのは、主に腫れ、出血、まひ、知覚異常、あざ、などがあります。腫れは約1週間続きますが、3日目がピークでそれ以降はだんだんとおさまっていくのでインプラント治療直後の腫れならそれほど心配はありません。また、まれに出血動脈の損傷により、手術後も出血が続くことがあります。出血も部位によっては、対応が遅れた場合は出血量が多くなることがありますので注意が必要です。
。まひや知覚異常は下顎のインプラントのオペに際して、下歯槽の神経が損傷することにより一時的、または永久的に麻痺、知覚異常がのこってしまうという大きなリスクがあります。仮に一時的なものですんだとしても、神経組織は再生力に乏しいため治癒には半年から1年かかるといわれています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。